無限大に活用出来るレンタルオフィスとは?

レンタルオフィスとはどんなものなのか?

  • レンタルオフィスはいつからあるの?

    貸会議室としての名前を持つレンタルオフィスですが、元々は会議室を持たない会社が使った事が始まりです。 ビジネスの場としての活用方法や、費用相場、設備について説明しています。ビジネス向けのレンタルオフィスは、駅前やオフィスビルの一室にありますので、利用しやすいです。

  • プライベートもレンタルオフィスで充実!

    パーティや合コン、ちょっとした趣味にも使えるレンタルオフィスですが、プライベートでの活用方法を公開しています。 近年ではカフェ風やオシャレなホテルの様な作りになっているレンタルオフィスもありますので、アイディア次第で様々な使い方が出来るので人気を呼んでいます。

  • レンタルオフィスの契約方法

    実際にレンタルオフィスを契約する場合、どの様なステップを踏めば良いのでしょうか?時間制での契約がほとんどなので、タイムスケジュールを徹底しなければなりませんし、それを超過してしまうとペナルティが課せられてしまう事もあります。 ここでは流れや注意点を説明しています。

ビジネスでレンタルオフィスを活用

ビジネスの場として、そしてプライベートをより楽しい空間に使われているレンタルオフィスですが、意外にも1980年代にはそのサービスが提供されていました。しかしこの時の名称は貸机業といって、室内には机・ロッカーに電話といったシンプルな作りになっていて、郵便代行などに利用されていました。当時はオフィスを持つ事が出来ない怪しい会社、小さな会社が使うといったあまり良いイメージではありませんでした。
そこからバブルが弾けて、日本は長い不景気の時期にはいります。レンタルオフィスはバブルの影響を受け、しばらくの間数が減ったりサービスを提供出来なくなったりする事もありました。
レンタルオフィスが日の目を浴びたのは1990年代の中盤で、デジタルデバイスやSOHOなどライフスタイルの変化と共にレンタルオフィスも対応し、新たな進化を遂げました。デジタルデバイスに対応したレンタルオフィスを用意する、またはバブルが弾けた後なので都心の地価が下落し駅近や都心の中心部にレンタルオフィスを立地させる事が出来る様になりました。
2000年代になるとIT技術が目まぐるしく発達し、それに伴いIT系のサービスだけでは無く顧客満足度に着目しSNS映えや、お得に利用出来るなどサービスが複雑化していきました。
そして今日に至るのですが、実際にレンタルオフィスはどう使われているのか?または契約方法や気をつけるべきポイントについて説明しています。また契約した事の無い方は必見です。

おすすめリンク

海外WiFiの利用方法

旅行やビジネスなどで世界のどこへ行っても使える海外WiFiの利用方法をご説明します。